Copyright  hukurounomori. All Rights Reserved. 

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • ホワイトInstagramのアイコン

国内孵卵器育ち

≪英名≫Eurasian Pygmy Owl

≪分布≫北・中央ヨーロッパからシベリアにかけてのタイガ地帯の縁

≪生息環境≫しばしばアカゲラなどのキツツキが作った木の幹にある古い穴を巣として使う。 定住性の鳥で、成鳥は一年中同じ場所で暮らす。例外は厳しい冬の間で、この時は南に移動することもある。幼鳥は秋から冬にかけて常に南へ渡る。

≪食性≫自分と同じ大きさほどもある鳥やネズミなどの哺乳類を捕食することもある。狩りは、真夜中にはあまり行わず、夜明けや夕方、また日中にも行う。

ヨーロッパで最も小さなフクロウ目の鳥

(Wikipediaより抜粋)
 

※価格はすべて税抜き表示となっております。また、雛や成鳥との違いや個体差で価格が変動致します。

スズメフクロウ(Glaucidium passerinum)

¥180,000価格